原 MOT・技術士事務所
                            
                                                ティータイム:ふるさと佐賀の歴史物語

                                                      外国の友人のための日本名所動画
                中小企業庁ミラサポ登録専門家

中小企業のMOTについて      
 これからの日本の中小企業が取り組むべき技術経営のこ とです
中小企業のMOTの実践
 自社の強みに気ずくことが第一歩です。その方法をフォー マットを 使って  洗いだします。 その後、それらの価値の連鎖を見いだしていきます。 
知的資産経営について      
 知的資産経営報告書にまとめて社内外のステークホルダーに公表し自社の経営力を高めていきます。

もっと儲かるものづくり MOTで儲けよう
  売るとはお客様のニーズに応えるものをつくり、心を掴んで行くことです。
ウェブマーケティング(スキンケアモール)

ウェブマーケティング(有田焼)
・ウェブマーケット(よろず屋)
・ウェブマーケット(脱毛、美顔器)
・ウェブマーケット(ホームエステ)
・ウェブマーケッティング(有田焼2)

子(アマゾン)
・イヤリング(アマゾン)
ソーラー、電波時計(アマゾン)
・Web市場(楽天)
・ スキンケア(アマゾン)
・スキンケアスライドショー(アマゾン)
男性用日傘(アマゾン)
ブルーの文字には別のページへリンクを貼っています。クリックしてみて下さい。
[ポリシー]
世の中には、小粒で、元気なしかも企業の存在意義を明確にされ、立派な会社を運営されている方が沢山おられ、日本の産業を支えておられます。私は中小企業と言う言葉があまり好きではありません。小さくてもピリリとしっかりされた会社が沢山あるからです。

しかしながら、会社の規模が小さいため、社業の分析、調査や期間毎の経営計画、マーケッティング戦略などを立案する人材を豊富に揃えておくのが出来にくいのが現状ではないかと思います。又自社内で若い人を教育、育成する事は、長期的な時間を要することで、先生、生徒共に時間の都合がつかず、後回しにされているのが現状ではないだろうかと思います。

当MOT事務所では貴社での業務を、もう一度分析調査し、現状のBetterからBestへ近ずけようと、社長様の御意志のもと、第一線の方々からのご意見も伺い、業務の改善、改革を支援させていただきます。 
「体質改善をねらいます」

現在のビジネスを遂行したり、新しいこ事業にチャレンジするには、幅広い経験からの知恵も必要です。チャレンジ精神と共に経験者の知恵を融合させることを行います。

ビジネスの範囲は広範囲にわたります。科学的手法をまじえながら、改善点を見いだし、それぞれの切り口から対策を施し、全体へ繋いでいきます。改善活動とその成果を明確にして進めます。


MOTとは設計・製造等の技術者がマーケティングも含めた経営を熟知し、技術のみ追いかけるのではなく、技術にプラスして、経営する心を持って製品を商品とする技術を言うのです。グローバルなマーケットに対し企業の技術経営戦略を立案、実行し、さらに飛躍するための経営を行うことです。 
「社長!もうかりっまっか」
「イヤーあかんわ」
「チョンボに、納期トラブルでっか」
「ウゥーン、それが解消せんのや!」
「社長、叱ってばかりでは治りませんよ!」
「人間やる気ですよ。心ですよ」
「そうやなあ、俺のやる気を知ってくれたらなぁ」
「損・得ではなく善・悪ですよ」
「着実に、地に足付けてやらんといかんな

                兵庫県中小企業団体中央会登録専門家

 原  MOT コンサルタント  
    
中小企業のための MOT  (Management of Technology:技術経営)

                          中小企業のためのMOT実践、知的資産経営報告書へと発展させる
   ブルー文字クリックして下さい。                                                                                 
                                                      
「アウトソーシングを活用し、社内の合理化を考えておられる方へ 
                                                                                   

     2019-8-23更新






































































これからのものづくりに必要な考え方

これから求められる「六つの感性(センス)
@機能だけでなく「デザイン」
A議論よりは「ストーリー」
B個別より「全体の調和」
C論理ではなく「共感」
Dまじめだけでなく「遊び心」
Eものより「生きがい」   
といわれています。これからのもの作りもこれらのセンスが要求されるように思います。



リンク   
もっと儲かるものづくりhttp://ameblo.jp/shikkaiya/entry-10502322275.html

火災実例鑑定報告書http://oyabu-kantei.com/kasai.html
知的資産経営及び知的資産経営報告書支援の例http://www.jiam.or.jp/tatsuno.pdf
ものづくり支援:コラボレーション.COM http://www.collabochuo.com/profile.cgi?nid=m059
地球温暖化防止:うちエコ診断 http://www.eco-hyogo.jp/global-warming/center/uchieco/




中小企業のマーケッティング
DRM(Direct Response Marketing)を活用した中小企業のマーケッティング(動画
https://www.youtube.com/watch?v=tGPN9AgULbY



インターネットビジネスの本質にせまるDRM(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=_6te5YMzpZM


フェイスブックWebマーケティング
ブログ 郷土愛は郷土を知ることから始まる。


今売れているビジネス・経済の本