技術士とは
「技術士」は、「技術士法」と言う法律に基ずいて行われる国家試験(「技術士第二次試験」)に合格し、
登録した人にだけに与えられる称号です。国はこの称号を与えることにより、その人が科学技術に
関する高度な応用能力を備えていることを認定する事になります。

技術士の称号を用いて、科学技術(人文科学のみ係わるものを除く)に関する高等の専門的応用
能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価又はこれらに関する指導の
業務を行うものが技術士であります。(技術士法要約)

多くの方はご存知ない事だと思います。

技術士は科学技術全般の専門家でありますが、様々な活躍の場の一つとして、科学技術に関する
コンサルタントもあります。この技術部門は機械、繊維、衛生工学、情報工学、船舶、金属、農業、
応用理学、航空・宇宙、資源工学、林業、生物工学、電気・電子、建設、水産、環境、化学、水道、
経営工学の19あります。

私は経営工学部門の技術士です。従って他の部門の様な固有技術ではなく、管理技術を専門とする
技術士です。「経営工学=経営管理技術」について指導する経営技術士即ち経営コンサルタントと
思って下さい。

技術士は「技術士法」に基ずく資格ですから、当然業務で知り得た情報の守秘義務など、その
「法律や技術士倫理要項」を遵守して業務を行わなければ、処罰されることになっています。

昨今の状況から、我が国には多くの経営コンサルタントが活動されています。
当事務所所長は自ら、技術士の有資格者ですから、ご安心いただいて、ご相談下さい。


          日本技術士会  http://www.engineer.or.jp/index.html

    原 MOT コンサルタント       

TOPへ

                    (Management of Technology:技術経営)

             MOTとは設計・製造等の技術者がマーケティングも含めた経営を熟知し、技術のみ追いかけるのではなく技術にプラスして、
              経営する心を持って製品を商品とする技術を言うのです。グローバルなマーケットに対し企業の技術経営戦略を立案、実行し、
             さらに飛躍するための経営を行うことです。 お気軽にお声掛け下さい。出来ることは精一杯お役に立ちたいと思っています。