心に残る名言 1
過去と未来を鉄の扉で閉ざせ。今日一日の枠の中で生きよう。                    ディール・カーネギー (爺さんの解釈ですが) 昨日までのことを悔やんだり、 明日からのことを悩んだりしても 憔悴するばかりだ。 昨日と今日、今日と明日の間で思考を遮断し、 今日出来る事だけに最善を尽くしなさい。 我々が今日のことに気をつかえば、 明日のことは神が気をつかってくれる。                   マハトマ・ガンディー 重要なことは、明日何をなすかではない。 不確実な明日のために、今日何をなすかである。                   P・ドラッカー あなたが空しく生きた今日は、 昨日死んでいった者が、 あれほど生きたいと願った明日。                  カシコギ(韓国の小説) 今日なしうるだけの事に全力を尽くせ。しからば明日は、一段の進歩あらん。 ニュートン 常に今日のためにのみ働く習慣をつくるがよい。明日はひとりでにやってくる。 そしてそれとともに新しい明日の力もまた来るのである。 ヒルティ たびたび井戸から水を汲むと、必ず濁る。 同じように、物思いをすればするほど心は乱れる。                  中国の諺 辛いという字がある。 もう少しで、幸せになれそうな字である。                   星野富弘(詩人) われを地上に送りたまいし者、 常にわれとともにあり 父なる神はわれを見捨てたまわず                   新約聖書  「若く貧しい夫婦が互いに贈り物を考える。 妻は自慢の長い髪を切って売り、夫の大切にしている金時計の鎖を買う。 ところが夫はその時計を売って妻のためにべっ甲のくしを買う。」                   O・ヘンリの短編『賢者の贈り物』はそんな聖夜を巡るせつない物語) 貧者は昨日のために今日働き、 富者は明日のために今日働く。                   二宮 尊徳



Happy !!