BBS
掲示板の過去ログ(93)

もっと現在へ


ICE AGE 投稿者:藤本直樹 投稿日:04/02(火) 18:13

ICE AGE

20世紀FOXが製作したCGアニメ、「ICE AGE」は
何万年も前の氷河期を舞台にした、ファミリー向けコメディだ。
監督は「Bunny」でアカデミー賞を獲得したChris Wedge。

(物語)
舞台は氷河期の初期頃。多くの動物たちは食べ物を求め大陸を移動していた。
マンモスのマンフィルド、ナマケモノのシドはタイガーに襲われた人間の赤ん坊を偶然に
助ける。シドのアイデアで赤ん坊を両親の元に返してあげようとするが、そこにタイガーの
ディゴーが現れるのだった。人間の両親に赤ん坊を戻す為の3匹の長い旅路が始まるのだが、
実はタイガーのディゴーは赤ん坊を奪い返す計画を隠していたのであった・・・・

(解説)
この映画はCGのショートアニメを見ているようだ。
先立って公開されたディズニーの「モンスター・インク」と比較してしまうが、
「ICE AGE」は完全な子供向け映画になっている。理想的なストーリーと結末。
ギャグありアクションありだが、なんとも見た後に不満が残ってしまう。
一生懸命ドングリを安全な所に隠そうとするリス、意味不明なキャラクターが登場して最後まで
笑いを誘うのだが、話の内容とはまるで関係が無いので、物語の最初から感情移入できずにその
まま終わってしまった感じがした。この映画がアメリカで大ヒットしても日本でウケルかどうか
疑問だ。そのくらい単純明快な作品なのかもしれない。

今回の評価100点満点中、30点。
(お子様向け映画だと思います。ビデオで十分)

http://www.coara.or.jp/cinema/


おききしたいのですが・・・ 投稿者:ハナ 投稿日:03/25(月) 22:29

ハンフリーボガートのファンで、ボガートが出てる映画の予告編をさがしにきたのですが
もうありませんでした。どなたかDLしている方はいませんか?
いらっしゃいましたらぜひとも教えてほしいです。よろしくお願い致します。


The Time Machine 投稿者:藤本直樹 投稿日:03/18(月) 21:29

The Time Machine

H.G. Wells原作の古典SF小説が、最新CGを駆使した映像で劇場に蘇る。
主演に「LAコンフィデンシャル」のガイ・ピアース、監督に「プリンスオブエジプト」の
SIMON WELLS。

(物語)
舞台は1899年のNew York。科学者/発明家であるAlexander Hartdegen (ガイ・ピアース)
は、彼を襲った不幸の原因を突き止めるため、過去を変える研究をしていた。それは時間を超え
るタイムトラベルの研究であったのだ。遂にタイムマシンを完成させた彼は最愛の婚約者を救う
べく、時空を越えた旅に出るのであったが、彼を待ち受けていたのは想像を越えた世界だったの
だ・・・

(解説)
面白い!映画である。
今回の「タイムマシン」はレトロなSF映画のリバイバルでもあるのだ。監督のサイモン・ウエ
ルズは原作者H.G. Wellsのひ孫である。遥か80万年先の未来、果たして人類はどのようにな
っているのか?SF映画ならではの展開と内容に画面を見入ってしまった。ガイ・ピアースの演
技もシャープであるが、観客を飽きさせない展開はさすがである。ただ、サルのようなモンスタ
ーが出てくるあたりは、「猿の惑星」を彷彿とさせてしまう。また、タイムマシンの原動力が何
であるかを明かさない所はご愛嬌かもしれない。最後にエンディングは賛否両論分かれるところ
であろう。しかし、レトロとハイテクがうまくブレンドした一流娯楽作品になっているのは間違
いない。

今回の評価100点満点中、80点。
(昔のディズニー映画を思い出させる作品である)

http://www.coara.or.jp/cinema/


We Were Soldiers 投稿者:藤本直樹 投稿日:03/07(木) 20:16

We Were Soldiers

メル・ギブソン主演最新作「We Were Soldiers」はベトナム戦争を題材にした戦争映画だ。監
督は「仮面の男」のRANDALL WALLACE。

(物語)
1965年11月14日、午前10時48分。ムーア大佐(メル・ギブソン)率いるアメリカ兵
は、ベトナムの「死の谷」と呼ばれるエリアに進攻する。そこには、北ベトナム兵の基地がある
のだ。ヘリでアメリカ兵の進攻作戦は開始されるが、アメリカ兵の動きを察知した北ベトナム兵
はその進行作戦を阻止すべく、大量の兵力を投入し、「死の谷」は壮絶な戦場と化すので
あった・・・

(解説)
この映画は、残念ながら「面白くない」映画になっている。
ベトナム戦争映画の名作「フルメタル・ジャケット」等がある中、今更ベトナム戦争を主題にし
た映画なので全く新鮮味がない。「愛国主義」を鼓舞する映画が最近アメリカでは多く公開され
ているが、ハリウッドはもう戦争映画を作るべきではないと思う。アメリカに偏った戦争映画
は、偏見しか生まないからだ。

唯一、この映画の見所は、ベトナム戦争の中でも一番最初に起きた戦闘を描いている点であろ
う。アメリカ兵約400人に対し、北ベトナムは約2000人の兵力を投入し、泥沼の戦闘にな
った部分を描いている。完全無欠のメル・ギブソンが名優ジョン・ウェインになりきったような
演技もいただけないが、冴えない映像が完成度の低さに拍車をかけている。

今回の評価100点満点中、0点。
(ブラックホーク・ダウンの方が映画的にまだ少しマシである。)


センターステージ 投稿者:hitomy 投稿日:02/01(金) 21:24

観た?!
おもしろ過ぎ!!!!!!!!!!
ダンス好きにはたまらん!!バレエ興味あってもなくても、とにかく観るべし!


Black Hawk Down  投稿者:藤本直樹 投稿日:01/22(火) 12:22

いつもおせわになってます。
ブラック・ホーク・ダウンの記事の所の勧善懲悪のところに誤字があります。
お詫び申し上げます。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5870/japan_culture_club2_hp_001.htm


Black Hawk Down 投稿者:藤本直樹 投稿日:01/22(火) 12:19

ブラック・ホーク・ダウン

「ハンニバル」のリドリー・スコット監督最新作「ブラック・ホーク・ダウン」はソマリア紛争
でのアメリカの失敗を描いたドキュメンタリー風の戦争映画だ。主演にジョシュ・ハーネット、
ユアン・マクレガー。

(物語)
1993年10月3日、ソマリアで悲劇は始まる。
ソマリア紛争に介入していたアメリカ軍は、紛争当事者を拘束すべく、陸と空からの奇襲作戦を
決行する。しかし、綿密に練られたはずの計画は、ソマリアのゲリラ攻撃によって泥沼の戦闘に
なってしまう。予想外の展開に戸惑うアメリカ兵たち。まさにその時、傷ついた兵士を救出すべ
く空を飛んでいたヘリ、ブラック・ホークが撃墜されてしまうのであった・・・・

(解説)
この物語は実際起きた出来事を、ドキュメンタリータッチで描いた戦争映画である。ヘリがロケ
ット砲の攻撃を受けて墜落していくシーンはリアルそのものだ。激しい市街戦を生々しく描いて
いる。しかし、スピルバーグの「プライベート・ライアン」ほど観客に訴えるテーマが伝わって
こないのだ。恐らくアメリカ側の主観が入っているからではないだろうか。最近の「パールハー
バー」にせよ過去のベトナム戦争映画でもそうだが、戦争映画の描き方の難しさがあるように思
える。戦争は完全懲悪の世界ではないからだ。

1000人のソマリア側の死者に対してアメリカ側は18人である。犠牲者に数は関係ないが、簡単
に敵味方で割り切れる問題ではない。ちょうどアフガニスタンで行われているアメリカ軍の軍事
行動と重なるが、戦争というものの問題の根の深さを考えさせられてしまう。

今回の評価100点満点中、50点。
(迫力は確かにある。しかし、所詮映画だと片付けられない問題が残されているように思う)

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5870/japan_culture_club2_hp_001.htm


パンフが 投稿者:AKIRA 投稿日:01/17(木) 18:30

売り切れ,もしくは入荷予定無しだとヘコみますよね・・・>王水さん

「ビューティフル・マインド」評判良いですね。
ラッセル・クロウまたもや取るのかな。>主演男優

今,全米で3位の「Orange County」 
トム・ハンクスの息子が出演しているのですね。 ちょっとびっくり。

http://www.page.sannet.ne.jp/ykyama/


A Beautiful Mind 投稿者:藤本直樹 投稿日:01/17(木) 02:12

ラッセル・クロウ主演最新作「A Beautiful Mind」は
今も実在する天才数学者、John Forbes Nashの生涯を描いた
傑作だ。監督は「バックドラフト」のロン・ハワード。

(物語)

物語は1947年、John Forbes Nash(ラッセル・クロウ)が名門プリンストン大学に入学するとこ
ろから始まる。Nashの目的は、独創的なオリジナル・アイデアを発見する事だった。ある時友
人とバーに行った時に、遂に彼はゲームの理論を発見する。彼の理論が認められ、MITの教員と
して働いているときに、人生のパートナーとなるAlicia(ジェニファー・コネリー)に会う。
孤独なNashが見つけた唯一の愛だった。しかし、彼の精神はすでに病んでいたのだ。深刻な精
神分裂症に苦しむNashを、立ち直らせようとするAlicia。二人の病気との壮絶な戦いが始まる
のであったが・・

(解説)
John Forbes Nashは1994年にノーベル賞を受賞した人物である。
彼を支えきった妻Aliciaとの物語は感動的だ。
精神分裂という深刻な病気を、様々な特殊効果と演出で見せた映像はショッキングである。
観客をアッと驚かす仕掛けが沢山詰ったエンターティメント・ドラマになっている。
ラッセル・クロウの演技も素晴らしいが、美貌のジェニファー・コネリーの演技も必見だ。
不安げなメインテーマ音楽も印象的で、一度聞いたら忘れられない。一見すると
「ファイトクラブ」に似ているが、実話の重みはやはり大きい。

今回の評価100点満点中、99点!
(鳥肌ものの映像と演出を是非劇場で堪能してください)

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5870/japan_culture_club2_hp_001.htm


VIDOCQ 投稿者:王水 投稿日:01/16(水) 06:07

はじめまして。
初投稿、新参者の王水と申します。

ヴィドックを見てきました。
映像技術や伝わってくる雰囲気には満足しているんですが、
ラスト近くの最大の見せ場が多少・・・・難あり、といった印象でした。
「クライマックスの明確さ」という意味での原点要素・・・。

(ネタバレになりますが)一部戦闘シーンありです。
が、その間中、画面がブレるブレる・・・
これを是正するだけでも結構印象が変わると思うのですが。

それと、これは私の住んでいる地域が田舎だからかも知れませんが、
パンフの入荷予定無し、とカウンターで言われました。
大したことではありませんが、パンフに載っているスタッフのインタビュー等も
楽しみの一つである私にとってはちょっと虚しい帰りとなりました。(^^;


オーシャンズ11 投稿者:藤本直樹 投稿日:01/11(金) 01:22

オーシャンズ11

「トラフィック」「エリン・ブロコビッチ」で一躍有名になったスティーブン・ソーダバーグ
監督最新作、「オーシャンズ11」はジョージ・クルーニー、ブラット・ピット、
ジュリア・ローバーツといった豪華キャストが集合した、痛快アクション映画だ。

(物語)
ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)はニュージャージの刑務所を出所してある計画を
考えていた。それは、ラスベガスの豪華カジノの地下金庫に眠る、莫大な現金を盗み出すことだ
った。オーシャンは綿密な計画を実行すべく、カード賭博のライアン(ブラッド・ピット)、ス
リの名人カードウェル(マット・デイモン)等の腕利きの男達を11人集めるのだった。
しかし、実はオーシャンには、カジノを狙う別の目的があるのだった・・・

(解説)
犯罪映画としてこれだけ豪華なキャストは珍しい。物語のテンポも速く、ユーモアもたっぷりあ
る。しかし、何かが足りないこの映画。面白い作品だが、アッと驚く展開とまではいかない。
過去のソーダバーグ作品に登場してきたキャストが続々登場するのはいいが、やはり豪華なキャ
ストが集まった分、物語のリアルさが欠けているように見える。「トラフィック」と同じく、物
語が続くような終わり方は、この監督得意のパターンなのかどうかはわからないが、音楽のセン
スは相変わらず抜群だ。

今回の評価100点満点中、70点。
(実はこの映画はリメイクだが、ソーダバーグ監督独特の作品になっている。犯罪映画が好きな
人は同監督の「アウト・オブ・サイト」も必見だ)

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5870/japan_culture_club2_hp_001.htm


初恋のきた道 投稿者: 投稿日:01/04(金) 18:10

昨日、ホール上映会行ってきましたが、1度映画館で観て、もう1回
スクリーンで観るのもなかなか良かった。3度目はビデオだな。
現在が白黒で、父母の若き頃がカラーという設定いいな。
最後がじーんときました。チャン・イーモウ監督作品は
「あの子を探して」とこれしか観てませんが天才だと思うな。


2002年! 投稿者:藤本直樹 投稿日:01/01(火) 00:42

あけましておめでとうございます。

いよいよ2002年!
映画界も2002年の夏ほど話題作がそろっているのは今だかつてないのでは
ないでしょうか?!しかし〜私は相変わらずの辛口で最新情報を載せていきます。

みなさん、どうぞよろしく。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5870/japan_culture_club2_hp_001.htm


お聞きしたいのですが 投稿者:プーさん 投稿日:12/31(月) 22:02

はじめまして。
初めてで、質問で申し訳ないんですが、お聞きしたいことがあります。
amazonで、アメリカからビデオを取り寄せたいのですが、
usedのビデオ、買ったことがあるかた、いらっしゃいますか?
大丈夫なのでしょうか?
知ってる方、いらっしゃったら、教えて下さるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

それでは、よいお年を。


良いお年を 投稿者:AKIRA 投稿日:12/31(月) 11:41

今年はお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

Taoさんお疲れ様です。

「ロード・オブ・ザ・リング」! 楽しみだぁ
でも・・・あまり期待せずに臨もう。。(笑)

「モンスターズ・インク」は超楽しみ。 前売り特典ストラップ欲しい!

お正月映画「ハリポタ」「ゴジラ」しか見ていませんが,「ゴジラ」は近年稀にみる最高傑作!
感動,興奮! 
「シュレック」も行きたいなぁ

最後に「スパイダーマン」の予告編,ごっつ最高! しびれるー!
http://www.apple.com/trailers/columbia/spiderman/

http://www.page.sannet.ne.jp/ykyama/


BANDITS 投稿者:U 投稿日:12/30(日) 16:24

こいつらスクリーンの中で確かに悪い事やってる。
けど、許せてしまいたくなる、こういう作品初めてですね。
ビリー・ボブ・ソートンのちょっとボケた感じの演技なかなか
いけました。東映の映画館で観たのですが、お客さんほとんど
いませんでした。某作品が諸事情で出来なくなって準備期間が
あまり無くて、お客さん少ないのかな。
とれナビよく観させて頂いてました。ありがとうございました。


ロード・オブ・ザ・リング 投稿者:藤本直樹 投稿日:12/22(土) 20:39

ロード・オブ・ザ・リング

J.R.R. Tolkien's 原作「指輪物語」が最新SFXを駆使した劇場映画として蘇る!
三部作完結の第一弾「The Fellowship of the Ring」が遂に公開された。

物語の解説はあまりにも有名な作品なので省略することにして、
肝心の映画の完成度だが、一言で「残念」な作品になってしまっている。あまりにもメリハリが
なく、ダラダラと長い作品になってしまっている。これは3部作を一気に作り上げたという問題
から起きているように思える。編集もかなり困難だったのではないだろうか。

注目すべき点は、主人公Frodo (イライジャ・ウッド)をはじめとするキャラクターは魅力的
だ。特にIAN McKELLENが演じるGandalfはハマリ役である。
しかし、残念なのはこれだけ魅力的なキャラクターがいながら、キャラの内面が表現されてい
ないのだ。その分、物語が淡々と進むことになってしまっている。

原作自体、古典的名作ではあるがそんなに面白いものとは思わなかったが、その原作を忠実に映
画化する必要性もないように思えるのだ。実際、3部作全てを見ないとわからないが、ファンタ
ジー物語ファン以外のお客を広く集める事はできないだろう。これはピーター・ジャクソン監督
の力不足を証明してしまっているとも考えられる。

今回の評価100点満点中、50点。
(演出力不足なのが残念。しかしキャラクターは魅力的だ)

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5870/japan_culture_club2_hp_001.htm


「Shallow Hal」 投稿者:藤本直樹 投稿日:12/22(土) 00:48

「Shallow Hal」
 
 「メリーに首ったけ」のファレリー兄弟最新作。
 タブーなギャグも彼らの手にかかったら純粋なラブストーリー
 に 変わってしまうのだ。主演にグイネス・パルトロウ、
 ジャック ・ブラック。
 
 ハル(ジャック・ブラック)は毎晩親友とクラブに行っては、
 綺麗な女の子をナンパしょうと努力していた。しかし、全然格
 好よくない彼は全く相手にされない。そんなある時、有名な文
 筆家の男とエレベータの中で一緒になり、ハルは自己暗示にか
 けてもらうのだった。その後、彼の前に美女Rosemary(グイネ
 ス・パルトロウ)が現れるのだった。人の内面が見えて、人の
 外見が見えなくなっていることに気がつかないハルは、Rosemary
 に恋をするのであるが・・・・

 今までにない恋愛映画の登場だ。その内容は深く、純粋である。
 残念ながら今までのファレリー兄弟映画に比べると、お笑い度
 は少ないが、本物の人間ドラマを描いた傑作には間違いない。
 人は外見はいくらでも着飾れるが、人の心は絶対にウソをつく
 事はできないのだ。

 しかし、この監督は女性を可愛く見せるのが本当にうまい。グ
 イネスの演技も素晴らしいが、監督の手腕に拠るところが大き
 いと思う。

 音楽、映像ともに冴え渡っている今回の映画は、多くの観客を
 魅了するだろう。本当にファレリー兄弟のマジックが効いた作
 品である。
 
 今回の評価、100点満点中、90点。
(劇場でもビデオでも、是非一度見てください)

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5870/japan_culture_club2_hp_001.htm


感想待ってます 投稿者:藤本直樹 投稿日:12/21(金) 15:58

ちゃこ様、よかったですねー。モンスターインク。
アメリカではついに「ロード・オブ・ザ・リング」が公開されました。
批評家はあまり良くは言ってないようですが、見てからのお楽しみですね。
最近見た映画で、ファレリー兄弟の「Shallow HAL」が面白かったですね。
タブーなギャグは相変わらず、でもテーマの深さはナンバーワンです。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5870/japan_culture_club2_hp_001.htm


(無題) 投稿者:ちゃこ@会社^^;; 投稿日:12/20(木) 09:17

>藤本さん!
ちゃこの街でも「MONSTERS INC」が3月に公開されるようですわ^^
楽しみ。最近テレビでも良く取り上げられてますね。
都会で話題の「アメリ」も公開予定になってて、まあなんて素敵!
しか〜し、先日まで公開予定に載っていたはずの「シュレック」が予定から消えてたのが気になります^^;;
なかなかうまくはいかないのねえ(汗)

>TAOさん
 相変わらず走り回られてるご様子。。。
 働きすぎて体調壊さないように気をつけて下さいね。
 復活をお待ちしてますよ〜〜。


TAO様ありがとうございます 投稿者:藤本直樹 投稿日:12/17(月) 08:30

大変お忙しいのですね。
いつもお世話になっておりました。
必ずの復活を心よりお持ちしてます。
ありがとうございました。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5870/japan_culture_club2_hp_001.htm


ごぶさた・・・そして・・・ 投稿者:Tao 投稿日:12/16(日) 23:54

ごぶさたしております。(一応)管理人のTaoです。
予告編専門サイトでありながら、
なんの予告もなく更新を中止して早3ヶ月になろうとしています。

現在、仕事が超多忙で、毎日午前様。土日も出社しています。
申し訳ありませんが、更新どころでないのが現状です。
これで死んだら過労死の条件クリアするくらい働いてるんだわ。

でも、更新の呪縛から逃れた現在でも、映画に対する情熱は衰えず、
以前より観る本数は増えました。
劇場行ってる余裕はないので、新作はごぶさたですが、
週末は、時間の合間を縫って、ビデオ鑑賞に燃えてます。
映画好きがパソコンに時間取られて、
映画が観れない状態だった以前より健全かも・・・(笑)

ってなわけで、とれなびは無期限更新中止状態です。
ご期待に添えず申し訳ありません。
いつか更新が再開できる時が来ることを願って、
とれなび五年の歴史に幕を下ろしたいと思います。
みなさんご声援ありがとうございました。


お正月映画特集 投稿者:藤本直樹 投稿日:12/15(土) 09:06

皆さまレス有難うございます。
「ロード・オブ・ザ・リング」のアメリカの公開はいよいよ近づいてきました。映画の完成度は
いかがなものか?SF・ファンタジー系映画が好きなお客以外もトリコにする事ができるのかが
ポイントでしょうね。

お正月映画の目玉は以下のとおりです。(★5つで満点)
「シュレック」    ★★★★
「バニラ・スカイ」  ★★★★
「スパイ・キッズ」  ★★
「バンディッツ」   ★★★
「ハートブレーカー」 ★★★
「フロム・ヘル」   ★★
「スパイ・ゲーム」  ★★★

詳しくは最新情報でどうぞ。

最後に、「ロード・・・」の主人公役のイライジャ・ウッドがNBCの深夜トーク
番組ジェイ・レノに出演してて、ロケのニュージーランドの事や、オーストラリアまで遊びにい
って、来年夏の話題作「SWエピソード2」のロケ現場に行った話をしていました。
本人曰く、男の友情を描いた最近では珍しい?!内容に感動できるそうですが・・・

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5870/japan_culture_club2_hp_001.htm


ちゃこ様そのとおりです。 投稿者:藤本直樹 投稿日:12/13(木) 16:42

ロード・オブ・リング の公開が迫ってまして、話題はそれに一色になりつつありますが、
日本ではほとんど話題にされない、お子様ムービーとしか取られてないかもしれないこの
「モンスター・インク」。意外に大穴ですゾ。
本当に面白いです!!(しかし、取り方は人それぞれですから、あまり期待しないで下さい)
しかも、アメリカでの公開の仕方も洒落てて、公開3週間過ぎたあたりから、なんとNG集を
公開するという、熱の入れよう。侮れない映画です!
御覧になられましたら、感想お待ちしてます。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5870/japan_culture_club2_hp_001.htm


MONSTERS INC 投稿者:ちゃこ 投稿日:12/12(水) 00:12

面白そうですねえ。
下の書き込み読んでてすごく興味惹かれました^^
観たい〜。
しかし「シュレック」の上映予定もないような田舎街・・・--;;
か、かなしい・・・。

http://chako.pos.to/


アジア映画の予告編 投稿者:Dno 投稿日:12/09(日) 16:35

Dnoと申します。はじめてとれなびを見ました。
アジア映画の予告編はないのでしょうか?
もしあれば、サイトを教えて下さい。


スポット 投稿者:U 投稿日:12/03(月) 14:44

ブサイク犬と一緒というフレーズが好きでは無かったが行きました。
動物作品だと異色系になるやどけど、家族愛、犬にたいする愛情が、
よく描かれて、ワーナー・マイカルの1000円の作品だけど、1000円以上
素晴らしかったです。良かったです。


ハリー 投稿者:sin 投稿日:12/03(月) 13:17

初めまして。sinと申します。
宜しくお願いします。

ハリーポッター・・・
初日に観ようと思ったのですが、
チケット完売で観れませんでした。
A.Iを超える初日動員数でしたね。

新年迎える前に観たいな。

http://www.kh.rim.or.jp/~sin


教えてください。 投稿者:みーち 投稿日:11/30(金) 21:56

ちょっと古くて申し訳ないんですが
ブレアウィッチプロジェクト2のエンディングで流れる曲で
森をバックに流れる女性ボーカルの曲は
誰のなんていう曲なんでしょう?
ご存知の方、教えて下さい。


あのう・・・。 投稿者:****** 投稿日:11/30(金) 00:13

デッドリンクが沢山あるのですが・・・。
特にかどうかは定かではありませんが、アニメ関係が・・・。

これはもう見れないのでしょうか?


見つけたよ!!!! 投稿者:RYO 投稿日:11/29(木) 00:36

以前に「ワイルドスピード」の予告編に使用されている曲を探していたものです!!!見つけました。
ひとつは9teen90nine、もうひとつはマイウェイです!
二つともリンプビスキットの曲で、9teen90nineはアルバムSINGNFICANT OTHERに。
マイウェイはシングルがバージョン違いで二枚、そして最新アルバムに収録されてます
(最新アルバムにはMI2のテーマ曲も収録)
リンプ中心に、最近のかっこよい、ファンクなサントラミュージックはどうやら回ってるみたいです!!!
リンプビスキットは用注目です!!!!!!!


レス有難うございます 投稿者:藤本直樹 投稿日:11/25(日) 18:39

AKIRAさんレス有難うございます。
面白いです!文句なし「モンスター・インコーポーレト」!
「シュレック」もコメディーしていますが、なかなかどうして、感動してしまいました。
CGアニメは遂に実写と対等な立場になりましたね。CGの技術では日本も負けてないと
思うので、今後、日本の本格的なCGアニメが世界に出てきて欲しいものですね。
「FF」は本当に残念でしたから。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5870/japan_culture_club2_hp_001.htm


面白そう! 投稿者:AKIRA 投稿日:11/25(日) 12:18

「MONSTERS INC」ごっつ面白そう!
「シュレック」と同じく観る前からDVD購入を決意している1本です。

http://www.page.sannet.ne.jp/ykyama/


さらに過去へ

Home