BBS
掲示板の過去ログ(28)

もっと現在へ


バンソウコウ姿の素敵な・・・? 投稿者:ADU  投稿日:11/02(火)17:07

>Taoさん
 『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』座布団で観たんですか?
 いい映画でしたよね
 わたしは、ぜひとも、頭にバンソウコウをはった背広姿の
 あやしい(あっ、失礼)人を見学したかった・・・(爆)
 普段、すれちがっていても、分らないものね、
 今の目印は、バンソウコウのあやしい(爆)ひとですね
 今度、都内に行ったらチェックしてみます(笑)

>ちえぞうさん
 こちらでは『I Love ペッカー』週末から公開されて
 初日一回目のサービスは使い捨てカメラだったそうです
 (林家ペー、パー子夫妻がゲスト)なかなか評判いいみたいですよ。
 『ライアー』私も、前にレンタルしました。けっこう人気作品でした。
 取調官の奥さんをやっていたのは、『パルプ〜』のピアスだらけのひと
 ですよね。
 
>たったったさん
 こんにちは、ゴジラ2000たのしみですね
 一番の演技派は、ゴジラちゃんですから、きっと大丈夫です(笑)

http://home.att.ne.jp/orange/FifteenHours/


とれなびもさそり座♪ 投稿者:ちえぞう  投稿日:11/02(火)02:02

Taoさん、「とれなび」2周年おめでとうございます♪
何事も、続けるって本当大変ですよね。
これからも、末永くよろしくお願いしま〜す!

「ライアー」ダメでしたか?
ティム・ロスが出ている作品ですよね?
実は、私も以前借りてきて、不覚にも途中爆睡してしまったんです。
気付いたら終わっていて、また借りてこようかどうしようか迷ってました。
Taoさんの一言で、借りる気がすっかり無くなっちゃった(笑)
ティム・ロス出演と、ビデオのうたい文句に惹かれて借りたけど・・・。
当たりはずれ、結構ありますよね。

>かのこさん
 これからも、バンバン楽しく映画を語り合いましょう♪
 きっと、気分が晴れますよ。


別物です 投稿者:たったった  投稿日:11/02(火)01:28

>Taoさんへ

いえ、公式ページにあものとは別物です。
今回の「梟の城」から始まった予告編です。

ガメラ3を手がけたスタッフが今回のゴジラに関わっているそうで
CGとかデジタル技術がけっこうすごいそうです。

予告編もガメラ3を担当した人なので、僕はまだ観てはいませんが
かなり素晴らしいらしいです。

一部ゴジラファンの中で危惧されていた
映像面のことは文句無しだそうです。
ガメラ3のパクリだ、という声もあるようですが・・・・。

あとは内容ですね。
佐野史郎、阿部寛と演技派揃いだから、そこを注目したいですね。


観て来たぜ! 投稿者:Tao  投稿日:11/01(月)23:41

そう!ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア!
Fさんに会えなかったのは残念だけど、
私、開演ぎりぎりに飛び込んだので、数少ない立ち見となっちまいました。
(走ってきたので)髪を乱したばんそうこうの男は、
たぶんかなり目立ったでしょう(笑)

それにしてもノッキン・オン!こりゃいいですね。
ドイツ映画はどうしてこんなに元気なんでしょう。
「バンディッツ」といい本作といい、捕まらないのが不思議ですが、
そこはそれ、ユーモアと主人公たちの魅力で楽々ハードル越え。
ルトガー・ハウアーもとてもおいしく、私なんかは感涙ものでした。
音楽も良いので、サントラ買ってこようかな?

>たったったさん
そのゴジラの予告編は、オフィシャルサイトにあるのと同じでしょうかね?
まず約1分、過去の名場面が流れて、その後新作の内容に入ります。
確かにファンには感動ものかも。

あなたも「マトリックスイマイチ連盟」の仲間入りですね。
煮え切らない気持ちは、この掲示板にぶつけてください(笑)

>広瀬さん
私も悩んでます<お引越し
でももうリミット寸前!どうしよう!
確かにせっかく慣れ親しんだURL変えるのには抵抗あります。
次に行くところがベストチョイスだとは限らないし・・・

私もfreewebやめときます。広告がうるさいんだもん!(←わがまま)

>Fさん
明らかに声かけやすい存在でしたよ、今日の私(笑)
あの人かな?この人かな?と、Fさん探してきょろきょろしてみたり。
まさしく挙動不審(爆)
結局、左側の壁に半身を傾けながら、座布団のお世話になったのでした。
みなさん!映画は最後まで観ましょう!
(観た人にはわかる話)

>だださん
ようこそ掲示板へ!お待ちしてました。
フラッシュ保存する方法を見つけたので、あとでメールしますね!
それと、音声についてですが、私の方では問題なく再生されます。
考えられるのは、
1.ボリュームを上げていない・・・あ、冗談です(笑)。真剣に答えます。
1.プラグインソフトのバージョンが古い。
  ・・・最新版をインストールしましょう。
2.プラグインソフトとパソコンの相性が悪い。
  ・・・これはどうしようもないかも。
     スキャンディスクやデフラグしても調子悪いときは、
     OSの再インストールに挑戦してみてはいかがでしょう。
     それでもダメなら・・・お手上げかも。がんばれ!

>小川さん
早く観に行った方がいいですよ。
並ぶ価値ある映画です。それに2回観る価値もあります。
だから、1回目の経験はお早めに・・・

>カルピスさん
いやぁ、どうもどうも。
カルピスさんも、ここでは古参組の一人かもしれませんね。
長いお付き合いどうもです。これからも末永くよろしゅうね。

>かのこさん
あう〜、やっぱり気にしちゃいましたね。
いいんですよ、私の方こそ、ちょっと神経質でした。
昨日の「シックス・センス」を観る前に、
ロビーでネタバレっぽいことを言った人がいたんです。
偶然耳に入ってしまったんですけど。
その時は、何のことを言っているのか理解できず、
深くも考えず映画に入ってしまったのですが、
観終わってみて、意味がわかったんです。
そして「あれは完全なネタバレだな」と思い、少し興ざめしてしまったのです。
(詳しくは書けませんけど)
そんなことがあって帰ってきたところだったので、
かなり悩んだんですが、結局、断腸の思いで削除してしまいました。
そんな大したことなかったんですけどね。
だから、本当に気にしないでください。
これからも、どんどんカキコしてくださいね。ホント、お願いします。

>bullさん
いやぁ、ホントに読み応えあるわ。
会場の雰囲気をライブで実況中継してもらってるみたい。
「未知との遭遇」絶対に劇場で観たくなりました。
私もビデオでしか観たことないので・・・
飛びまわるチビUFOや、デビルズ・タワー&マザーシップ、
大音響のミュージック・コミュニケーション、私も体験したい!
でも、やらないのね。ガクッ・・・

あの名タイトルにそんな裏話があったとはオドロキです。
でも、素晴らしい邦題には変わりありませんね。

「ブレア〜」は案外革命的な映画なのかもしれませんね。
日本の映画会社は、まだまだインターネットを使いこなしているとは
言い難いので、その方の発言には期待ができます。
でも、ソニーのサイトはすでになかなかですよね。
国内ではダントツにいい感じのサイト運営してると思います。
他の会社は見習ってほしい、ホント。


残念! 投稿者:映画館主・F  投稿日:11/01(月)21:03

Taoさん、結局今日は行けなかったんですよ! 残念!
せっかくバンソウコウという目印付けてきてくれたのにねぇ。
映画よりそっちのほうが残念ですわ。今度はぜひ!

かのこさん、Taoさんもああ言ってることだし、まぁ気にしなさんな。
私も危うく「ディープ・ブルー」でネタバレしそうになってねぇ。
気をつけなきゃいけないよね。
でも、まあ済んだことは済んだこと!
ネギみそ汁飲むといいみたいですよ(笑)。

http://plaza.harmonix.ne.jp/~fuma/


東京ファンタスティック映画祭のレポートその2 投稿者:bull  投稿日:11/01(月)18:15

ぱぱぱっぱ〜【未知との遭遇の音楽風に?】
Taoさん、皆さん今日はbullです。
早速書いた昨日のレポート乱筆ですいませんでした。
時計を見て気が付いたらもう午前九時過ぎ。
『未知との遭遇の』開場時間まで一時間半を切っていました。
やばしっ!!!
と、言うことで寝る間も無くウトウトしながら原付をけって渋谷パンテオンに
向かいました。

いやーっ!行って驚きました。
開場一時間弱前でパンテオンの横階段6階まで横四列の列がビッシリでした。
僕と同世代の人もいましたが、やはり、ビデオでしか『未知との遭遇』を観た
ことのない世代の人が多かった様に感じます。
又、その好評のせいか開場時間も10分程早まり、10時45分過ぎには場内満員
状態でした。
サスガ、名作の力恐るべしっ!って言うところでしょうか。

内容も結構濃かったです。【この前のレポートでも同じことを書いた
様な・・・?】
11時に開演し、映画祭のプロデューサーから今回の上映に至った経過の報告
から始まってソニーピクチャズのアジア担当の社長、そして ソニーピクチャズ
本社の社長の紹介があり、壇上で今回の映画祭出品に関しての感謝タテの贈呈
などが行われました。
もちろん、先に紹介したお二人は来日していて当日壇上でに紹介の席にいま
した。
その、紹介が終わるとソニーピクチャーズの映画宣伝の人が登場し公開当初の
貴重な写真をまぜてのエピソード紹介がありました。
その中の一節ですが、そもそも邦題が『未知との遭遇』になったか?というの
御存じでしたか?
これ、聞いてしまうと 邦題的にも名作であるこの作品のイメージが崩れてしま
うような感じもしますが・・・取りあえず書きます。
当時、アメリカから送られてきたティザーの資料には映画の内容的な物は一切書いておらず、
日本でもチョット有名になった『第一種接近遭遇』とか『第
二種接近遭遇』とかという表現の英語のタイトルに、そのそれぞれの意味合い
が漠然と書かれており、また、テキストの背景には宇宙空間の写真が刷り込まれているだけの
いたってシンプルなものだったそうです。
今から考えても当時のに日本法人あてにちゃんとした資料も送ってくれなかっ
時代っだたのでしょう。
困り果てた日本の宣伝スタッフからはあれやこれやのめちゃくちゃなタイトル
が出る始末。
そんそこんなで生きずまった時、スタッフの誰かが『こりゃ未知なる物を探っている様ですね・・・』と、発言。
これが、嘘か誠かこれから発展して付いたタイトルが『未知との遭遇』と言う
邦題に至った経緯だそうです。
これを聞いて場内大爆笑、だれも名題だと疑わなかったこのタイトルを今聞い
た話で吹き飛んでしまんばかりの大爆笑でした。
と、言いつつも当時の宣伝マンはきっと悩んだんでしょうね・・・。
その後も当時の写真を振り返えならのトークは進んでゆきました。
その時に出てきた、もう今では無い映画館の写真。
例えば、スクリーンの大きさでは東京一だったテアトル東京とか、今は日比谷
シャンテが建っている場所にあった有楽座など、満員状態で入って行く観客の
姿を映画館の姿とともに観てみるとかなり感慨深いものを感じます。
時代の流れと言うものを、そこであらためて感じました。

その辺のトークが終わって早速上映開始。
渋谷パンテオンの7m×16mのスクリーンがフルスクリーンになりシネスコ
サイズに場内が暗転して、シンセサイザーの高音が鳴り響きピークに達すると
一挙にメキシコの砂漠のシーンへ・・・
ここで僕の体は震えとともの鳥肌状態になってピークに・・・・
う〜ん、最〜〜〜〜〜〜〜〜高!
やっぱりきて良かった〜〜〜〜〜と思う瞬間でした。

間を飛ばしますが、山の峠のシーンで4機のUFOが飛んで行くシーン。
『やっぱり大スクリーンで観なくては・・・』と思った瞬間。
ラストに近付き三機のUFOと五音の音でコミュニケーションをとるシーン。
『やっぱり大スクリーンで観なくては・・・』と思った瞬間。
デビルズタワーの影から登場するマザーシップのシーン。
『やっぱり大スクリーンで観なくては・・・』と思った瞬間。
宇宙人に手をとりマザーシップに乗り込もうとするR・ドレイファス。
『やっぱり大スクリーンで観なくては・・・』と思った瞬間。
そして、バックライトの中振り返って微笑むR・ドレイファス。
『やっぱり大スクリーンで観なくては・・・』と思った瞬間。
ラストクレジットとともに宇宙空間に消えてゆくマザーシップ。
『やっぱり大スクリーンで観なくては・・・』と思った瞬間。
それぞれの『やっぱり大スクリーンで観なくては・・・』を体験し、感無量の
時間を過ごせた二時間でした。
上映終了後、隣の席に座っていた女性はハンカチで目もとをおおってました。
うんうん、分かるような気がします。
一日たって書いている今でもこのことを思い出すと僕の目頭差さえも暑くなります。
これが、昨日体験した一部始終です。

最後になりましたが今回上映された『未知との遭遇ディレクターズカット版』
発売中のレーザーディスクと同じ物らしいのですが、劇場用のプリントは存在
せず今回の映画祭のみ使用と言うことで後にも先にも全世界でこれ1回きりの
上映用に、アメリカで焼いてくれたものらしいです。
ですから、今後の上映スケジュールは現段階では無いそうです。
ん〜ん残念。

それとこの前書き損じたのですが『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の
30周年記念版の劇場上映も残念ですがないそうです。

ん〜ん、こちらも残念。

又、何かあったら投稿します。
あっ。
そうそう、もう一個あった。
『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の件で、この前、僕のお客さんでもある
ソニーピクチャーズのマーケティングの人に聞いたのですが『日本の映画配給
会社の宣伝部が、あの売り方に結構感心を寄せて、今後の販促活動の見直しを
考えなくて・・・』はと言っていました。
かなり、きているみたいですね。
そんなに『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』っていろんな意味でおもしろい
のでしょうか?
誰か情報をお持ちの方教えて下さい。

またまた長く書いてすいませんでした。

又、何かあったら投稿させてもらいます。
何時になるかはわかりませんが・・・

では、さようなら・・・


土下座します  投稿者:かのこ  投稿日:11/01(月)17:41

Tao様、みなさま、
昨日は本当に、不注意でした。
ごめんさい、申しわけありませんでした。
ひたすら、謝ります。

ほんとに、申し訳ありませんでした・・・。


Good Job! 投稿者:カルピス  投稿日:11/01(月)11:59

 なんとすばらしい!! 2周年ですか! やりましたね=(^v^)
はたして3年目はどう展開して行くのでしょうね**
3度目の正直、2度ある事は何とやら・・・
 今日は出先からのアクセスだからゆっくりしていけないけれど、帰ったらDLしま
くります!(笑) 
それでは。  今後も期待してますよ!!


シックスセンス 投稿者:小川英二  投稿日:11/01(月)11:25

ああ早く見たい・・・
明日見に行こうかな。
けどメチャクチャ混んでるだろうなあ。
よし2時間でも3時間でも並ぶぞ!!


はじめまして!! 投稿者:だだ  投稿日:11/01(月)07:47

Taoさん、みなさんはじめまして!!
掲示板に書き込みするのは初めてです。どうぞよろしく。

みなさんとてもたくさん映画を見てるのですね・・・すごい。
私もできるだけたくさん見たいな。

>Taoさん
「ローグ・トレーダー」について質問しただだです。
あんな訳分からないメールなのにお返事くださってありがとう(涙)
あの作品はアメリカ、イギリスではもう公開が終っているんです。
今月にはビデオも出てしまうし・・・
日本公開までガマンでしょうか?
っていうか公開されないかもしれないですね。
即ビデオとか?うわぁ(泣)

ごめんなさい、もうひとつ質問です。
予告編って音声が出ないことよくあるのでしょうか?
あるサイトで話題になったんです。
『ザ・リーグ Any Given Sunday 』
『アイ・オブ・ザ・ビーホルダー Eye Of The Beholder 』
の音が聞こえないんです。
海外のサイトでも聞こえなかったから元が悪いとか?
めちゃくちゃ初心者な質問だったらごめんなさい。
それではまた遊びに来ます!!ありがとうございました!!


The 2nd Anniversary 投稿者:映画館主・F  投稿日:11/01(月)03:39

Taoさん、こちら2周年とのこと。とりあえず大急ぎで、
渋谷の東京国際映画祭の会場から駆けつけました(笑)。
一口に2年といっても、大変なことですよ。継続は力なり。
頭にバンソウコウ貼っても「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」見に行く、
その根性に感服です!(いい目印ですね。もっとも、俺行けるかな?)

ADUさんのドイツ大戦車軍団の逆襲(笑)もすごいですけど。
主演はたぶんクルト・ユルゲンスでしょう。あっ、プロホノフか(笑)?

http://plaza.harmonix.ne.jp/~fuma/


2周年おめでとうございます! 投稿者:広瀬  投稿日:11/01(月)01:58

Taoさんも引っ越しを考えておられるんですね。
私も来年はケーブルの導入を考えているんですが、
せっかく定着したURLが変わってしまうのも惜しい…。

Freewebは、アップロード時の安定が悪いので、
結局あきらめてしまいました。

>たったったさん
私も「ゴジラ2000」の予告を未だに観られずにいるのです。
楽しみですね。


梟の城を 投稿者:たったった  投稿日:11/01(月)01:05

「梟の城」を観にいった友達が興奮気味で帰ってきたので
「どうしたの?」
って聞いたら、
なんでもゴジラ2000の予告編がものすごくよかったと言ってました。

6日に東京国際映画祭でゴジラ2000を観る予定なので楽しみです。

マトリックス観ました。
なんだかなあ、って感じでしたね。
いいとも、悪いとも言えないのでね・・・・。


今日観た映画 投稿者:Tao  投稿日:11/01(月)00:59

今日はビデオ2本、劇場1本の「映画な一日」でした。

まずは、やっと借りてきた「真実の行方」。
リチャード・ギアって、昔はセックス・アピールが強すぎて、
あまり好きではなかったんだけど、
最近は、恋愛ものやっても、こういう映画やっても、
サマになる役者になっちゃって、結構お気に入りです。
エドワード・ノートンも素晴らしい!
すごいインパクトです。

この映画の原作には続編があって、
なにやらまたスゴイ話になってるそうです。
原作読みたい!映画化してほしい!

ビデオもう1本は「ライアー」でした。
これはどうでもいいです。以上(笑)

劇場では、話題の「シックス・センス」!
これは観なきゃダメですね。
内容は言えません。もう1回観たい!
(これは、この映画観た人の共通の感想でしょう)

>ゆたかさん
ファンタはbullさんのレポートで理解されました?
ファンタは、東京国際映画祭の別館って感じですよね。

>Fさん
Fさんて、本当の映画館主じゃなかったの!?
・・・な〜んて、言ってみただけです(笑)
「タイムトラベラー」ビデオでも観る気で、
ビデオが出たら観ようかな(爆)

>ADUさん、かこさん
2周年のお祝いありがとうございます。
本人、すっかり忘れてました(マジ)
確かにアップしてから2年たったわけですが、
実際に盛りあがってきたのは、今年になってからですから。
お二人には、とても感謝してるんですよ。
まさに、とれなびの歴史の生き証人!(笑)
これからも変わらぬご愛顧よろしくねん♪

>ADUさん
「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」明日会社終わって時間があったら、
行こうかなと思ってます(1000円だし)
早くに並ばないとダメかな?座布団出して〜って感じ。

「ドイツ映画一覧」壮絶ですね(笑)
「会議は踊る」好きなんですよ〜。椅子も踊る〜♪

>ちえぞうさん
チケットおめでとうございます。
「シックス・センス」いいですよ。
期待しすぎると裏切られるのが常ですが、この映画は大丈夫かも。
派手な見せ場はないけど、みんなの演技がしっかりしてて、
2時間全然飽きません。
特に、子役のヘイリー・ジョエル・オズメントは驚嘆の一言に尽きます。
昨日「シェーン」観て、子役のブランドン・デ・ウィルデの演技観ましたが、
あれでオスカーにノミネートされるなら、
今回のコール少年は間違いなくオスカー授賞です。

イーサン・ホークと同じ誕生日ですね。
サリー・フィールドも11月6日みたいですよ。

>bullさん
長文レポートありがとうございます。
雰囲気伝ってきた感じです。

「ハロウィンH20」は、原題もそうだからそのまんまですね。
「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」は、
ストーリーはそう変わってないんですよね。
私はアレすごく好きなんですが・・・
淡々としているところが、逆にリアルで怖かった。
今回の記念バージョンも期待してるんですけどね。
「ファンタズム」は私1作目しか観てません。
続編物は、前作のファンを大事にするか、
初めて観る人に視点を合わせるか、難しいところですよね。
でも、優れた続編は、それ自体で一つの作品として成立しているもの。
ストーリーが分からなければ、批判されても仕方ありません。
「オペラ座の怪人」は面白そうですね。
普通は寝るでしょう(笑)

「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」早く観たいですね。
インターネットで話題になった作品、ということですが、
中身はついてきてるんでしょうね(笑)
まぁ、あれだけヒットしてれば、大丈夫なんでしょうけど。


2周年おめでとう〜♪ 投稿者:ADU  投稿日:11/01(月)00:23

Taoさん
とれなび2周年おめでとう
今年は、Taoさんにとっても、いろいろなことがあったけど
とれなびの成長もすごかったね〜

Taoさんの健康と
もっともっと、たのしい3年目のとれなびに乾杯
(あいかわらずペプシで、まだシールめくってる・・・笑)
 あっ、ドイツじゃペプシをヘフシっていうんだって・・・

http://home.att.ne.jp/orange/FifteenHours/


かのこさん、ごめんなさい! 投稿者:Tao  投稿日:11/01(月)00:22

かのこさん、せっかく来てもらったのに、
かのこさんの発言を削除してしまいました。
大変申し訳ありません。

「ファイト・クラブ」に関するカキコでしたが、
ネタばれに近いんじゃないか、と判断しました。
そこまで神経質にならなくても、と思うかもしれませんが、
今日、私が実際に映画館で同じようなケースに出会って、
心にひっかかっていたところなのです。
(それは「シックス・センス」)

かのこさんも、そのカフェでとてもイヤな気分になってしまったのだと
お察しします。それを口にした人には、将来得たであろう楽しみについて、
損害賠償を請求してもいいくらいだと思います。
かのこさんのカキコは、全然そのレベルではありませんでしたが、
もし気にさわったら、ひたすら謝りますので、
今回はこの措置をお許しください。

これにこりずにまた来てくださいね。
来てくれないと、泣いちゃうから!


わぁぃ\(*^-^*)/ 投稿者:かこ  投稿日:11/01(月)00:02

はっぴぃばーすでぃ♪とれなび♪

とれなびはとっても大切な宝物です♪(*^-^*)
とれなび、そしてとれなびを通して知り合えた素適な方々と
情報、知識とお話。

いっつも素適な気分にさせてくれるとれなびに出合えたこと。
心から感謝してます♪(*^-^*)


ドイツ映画だよ♪ 投稿者:ADU  投稿日:10/31(日)19:07

今日、弟のビデオ『バグズライフ』を観たんだけど
これって、面白いですね〜 ちょっとびっくり
お子様アニメと思わず、観てほしい映画でした。

昨日、『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』を観に行ったので
忘れないうちに、観賞記をアップしました。
しかも『ドイツ映画の逆襲』(笑)という特集もお供につけて(爆)

ネットのお散歩のついでに、お暇な方はお寄りくださいね♪

>bull さん
 寝不足なのにご苦労さまです。楽しく読ませていただきました。
 雰囲気が伝わってきますね。

http://home.att.ne.jp/orange/FifteenHours/


東京ファンタスティック映画祭にいってきました! 投稿者:bull  投稿日:10/31(日)09:21

Taoさん、ADUさん、ゆたかさん、そして皆さんおはようございます〜。
bullです。
いつもは『こんにちは』で始まる僕の投稿ですが、なぜ『おはようございます』
かというと、今、東京ファンタスティック映画祭のオールナイトイベント
『ゾンビリベンジオールナイト』から帰ってきたばかりなんです〜。
あ〜〜〜〜、眠い〜っ!

昨日の、23時からの開演で終わったのが先程、朝の8時です〜。
ちょっと、主催者側も力が入り過ぎているんでは無いかと思っちゃいました。

さてさて、お約束のレポートですが、なんやかんやゆっても今年で15年目を
迎えた東京ファンタスティック映画祭、内容が濃かったです。
まず、上映作品ですが上映順に『ハロウィンH20』
『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド30周年記念版』『ファンタズム4』
そして『オペラ座の怪人』の4作品でした、が、映画的には最後の
『オペラ座の怪人』意外はイマイチでした。
今回のファンタが15周年ということでの記念日的作品が2本も
入っていましたが[ちょっと考え過ぎ?]
僕自信は、ちょっと満足の行く物ではありませんでした。
まず『ハロウィンH20』ですがサブタイトルが『20 YEARS LATER』
ということで『ハロウィン』のHと『20 YEARS LATER』の20をひっつけて
『ハロウィンH20』というタイトルになったみたいです。
ちょっとひねりが無いですよね〜!
だから、ぼく思うんですけどこれってただ単に『ハロウィン』の映画が好きな
人が集まって20周年を祝っただけの映画だと思うんです。
だから、内容がちょっとソフトすぎて『これって、PG-13でも通用する
んじゃないか?』って思っちゃいました。
ジェイソン、フレディがいないこの今、最後に残ったホラーヒーローのブギー
マン。
もうちょっと考えてくれないと、ジョン・カーペンターが作曲のテーマ曲も
ただただ、寂しくバックに流れているに過ぎなくなってしまうんだから・・・・
期待しすぎたのか、ちょっとブルー入っちゃいました。
次『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド30周年記念版』
これも、最悪でした。
というのも、ちゃんと観たのが今回が初めてなのですが、あまりのテンポの
悪さに思わず寝てしまいました。
音響等は、リニューアルされているらしく音質はたしかに良かったのですが、
内容的にはめちゃくちゃイマイチでした。
これいじょう書くと辛いので次ぎ『ファンタズム4』
この映画も最悪でした。
シリーズもののホラー映画ってイチゲンの客にも分かりやすいように、
どちら勝手いうと一話完結的なテイストが多くて、最後にちょっとだけ
『次回もあるよ』って感じを残して終わるのが普通だと思うんだけど、
この映画だけはちょっと違った。
と、ゆうのも、前作からの内容を知らないと楽しめない内容のようなんです。
だから、一作目からの内容を知っている人が見る分には楽しめるんだけど
僕のような、今回が初めての人間にしてみるとだいぶげんなりしてしまう
作品でした。
こんな、内容だと『次は絶対観たく無いな!』って思っていまい、中なか
入らないホラーの興行ももっと悪くなっていまうと思うんですが、
こんなことを考えるのはぼくだけでしょうか?
そんなこんなで次ぎ『オペラ座の怪人』
今回ここまで、かなりブルーが入っている僕ですが、その中でこの『オペラ座
の怪人』はとにかく面白かった!!!!
鮮血と原色の美学を売り物にしているダリオ・アルジェントの傑作といって
いっていいと思います。
と、いうのも最後の早朝上映にもかかわらず、寝なかったんです、ぼく!
ということは、面白かったということになりませんか?
細かいことは又、投稿しますがやはり見せてくれるところではちゃんと
見せてくれる!
さすが、ホラー界の巨匠だけはありますよね。

ちょっと、眠くなってきたのでまきます。

今回の東京ファンタの上映前には必ずイベントが入っていてその中でも
『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のイベントが興味深かったです。
内容的には、日本での配給元となるアスミックの方々がこの映画の買い
付けの際にあったエピソードを始め、トレナビさんでも見れない本邦初公開の
トレーラー[日本語版も含めて]5本の上映とアメリカで高視聴率をとった
本編に繋がりつつも、本編中には出てこないシークエンスで構成された
ドキュメンタリー映像など上映などがありました。
ちなみに『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』は現在世界中で公開されていて
公開待ちなのが日本だけとのこと。
興行的にはえらいことになっているらしいです。
ちなみに、今回劇場内だけで販売された前売り券を購入したのですが特典が
凄かった、袋とじ上に製本された特製プレスで、本編を見る前と観た後で
読ませるような工夫のされている物で、かなり、今後の盛り上がりを期待
させる物です。
そういえば、アスミックの人が言ってました。
近い内に僕が劇場で観たドキュメンタリーの長篇版がテレビ東京で特番として
放送になるそうですので、みなさん要チェックですよ!

あ〜〜〜〜眠い。
ちょっとお休みして又、出かけなくては。
今日は朝から『未知との遭遇』を見に行かなくては・・・・

少しでも早くと思ったのでまとまりがなくてすませんでした。
又続きを来週投稿しますっ っ っ っ っ!

それではではでは!


「シックス・センス」の招待券 投稿者:ちえぞう  投稿日:10/31(日)02:11

ヤッタネー♪
「シックス・センス」の映画招待券が当たりました!!
うれしくてうれしくて・・・ウッ(涙)

大好きな映画をタダで観れるなんて・・・こんなうれしい事はない!!
それも劇場で!!!
来週の土曜日、私の誕生日なので、主人が子守りをしてくれるみたいなので〜す♪
「シックス・センス」いってこようかな〜♪
(ちなみに、イーサン・ホークと誕生日が同じ日かも?!)

>Taoさん
 IE5、雑誌にCD-ROM付いてきたりするんですね。
 主人に指摘されてしまいました。
 なんか、またまた私の無知をさらけ出してしまいました。
(本当にソフト会社勤務かぁ〜なんていわないでね。パソコンは苦手なの。
 私の得意言語は、事務処理向けのCOBOLです。今は、あまり使っていない・・・)

 ところで、地元の新聞に東京国際映画祭の記事が載ってました。
 東京ファンタは、東京国際映画祭の中の一祭事なのですか?
 イコールじゃないんですよね。


観てきたよ♪ 投稿者:ADU  投稿日:10/31(日)01:18

今日、『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』を
観てきました。
満席で、座布団も出ていました。
  いい映画でしたよ♪
となりの『リトルヴォイス』も満席でした。

http://home.att.ne.jp/orange/FifteenHours/


そうですね。期待しすぎは・・・ 投稿者:映画館主・F  投稿日:10/30(土)20:18

Taoさん、「タイムトラベラー」確かに面白いとは思うけど、
そんなふうに思って見ればつまんないもんですよ。
そのくらいに期待しなけりゃ、そこそこ楽しめるんじゃないかな。
だって、やっぱり「シックス・センス」級の映画ってわけじゃないですもん。
そのさりげなさが、いいとこですからね。
ビデオでも借りて見る気で見たらいかがでしょう?

明日から、また私のサイトで新たな特集始めます。
今度はミエミエの映画祭特集。いろんな映画祭の話をしようかと思ってます。
もしよかったら、見に来てくださいね。

http://plaza.harmonix.ne.jp/~fuma/


ファンタースティック♪ 投稿者:ゆたか  投稿日:10/30(土)12:58

・bullさん
…ファンタスティック映画祭って、なんですか?
(もういや!聞くのが、はずかし〜)
東京じゃない、ファンタスティック映画祭は、見つかったんだけどな。
もしかして、東京国際映画祭の事?…ですか?
そうだったら、<破線のマリス>も、みにいくのかなぁ〜
レポート楽しみにしてますね!  では…。


さらに過去へ

Home