YunaSoft SexyFont Plug-In v3.1J 環境設定の手引き

1.はじめに

このページでは、WinAMPのMP3再生に関する設定および主要プラグインの設定を行い、萌え環境をよりよい物にすることを目的として作成しております。
パス名の表記にあります、“[winamp]”はWinAMPをインストールしたディレクトリ名称に置き換えてお読み下さい。
また、[winamp]下の各サブディレクトリ名称は、WinAMP標準の名称を使用しておりまので、変更されている方はこちらの方も読み替えてご利用下さい。

2.Yunasoft SexyFont Plug-Inのインストール

11/6日現在入手可能なYunaSoft SexyFont Plug-Inはv3.1Jです。
このバージョンはメジャーリリースですのでインストーラーが付属しており、ダウンロードしたファイルを実行する事でインストールが行えます。
インストーラーがwinamp.exeの存在するパス名の入力を求めて来ますので、正確なパス名を入力して下さい。
インストールが終了すると、Yunasoft SexyFont Plug-In Control Panelが表示されます。

3.Yunasoft SexyFont Plug-Inの設定

Yunasoft SexyFont Plug-In Control Panelを使用し、動作の設定を行います。
インストール直後であれば既に画面に表示されていますが、それ以外の場合は、WinAMPを右クリックした際に表示されるポップアップメニューから「SexyFont Plug-In」を選択するか、[winamp]フォルダにあるにあるyunafctl.exeを起動します。
環境設定は専用のコントロールパネルで行います。
ダイアログの項目は日本語で表示されますので、説明は簡単に行います。

Control Panel - レジストレーション
新しくSexyFont Plug-Inを使用する方は、レジストレーションを行います。
レジストレーションが済んでいる場合にはこの項目をとばして下さい。
「レジストレーション」タグを選択し、設定を行います。
グループ 項目名 設定内容
SexyFont Plug-In レジストレーション ユーザーID レジストする際に使用したメールアドレスと、レジストキーを入力します。
クラックドキーを入力するとPCが爆発するかも知れません。
正規のレジストキーを入力しましょう。
レジストキー

Control Panel - フォント
「フォント」タグを選択し、設定を行います。
グループ 項目名 設定内容
ディスプレイフォント Normalサイズ WinAMPをノーマルサイズ,ダブルサイズで使用している際に使用する、曲タイトル表示用のフォントをそれぞれ指定します。
オートアジャスタを使用しない場合には、大きなポイント数のフォントを指定すると文字やシェード部分が欠ける事があります。
Doubleサイズ
フォント背景透過 曲タイトルの文字背景を透過表示します。
シャドウ 曲タイトルの文字を影付きで表示します。
0〜3の範囲で選択でき、0は影を表示しません。
オートアジャスタ 曲タイトルが曲の表示領域を縦方向にはみ出す場合に自動的に表示領域を縦方向に拡張します。
大きめのフォントで表示したい場合にチェックしておくと良いでしょう。
ダイアログフォント ダイアログフォント PlyaListを除く、ダイアログで使用するフォントを変更します。
あまり大きなフォントを指定すると、MPEG File Info Boxの表示フォントまで大きくなります。
拡張表示 時間背景透過 経過時間数字背景を透過表示します。
数字画像によっては表示が乱れる場合があります。
時間透過を前提に作成されたSkinにはsexyfont.txtが添付されている場合が多いので、ここでの設定は既存のSkinに対するものだと考えて良いでしょう。
シャドウ ビットレート/サンプリングレートと経過時間の表示を影付きにします。
「時間背景透過」を行わない場合には、ビットレート/サンプリングレートのみが影付きになります。
ビットレート/サンプリングレート背景透過 ビットレート/サンプリングレートの文字背景を透過表示します。
Skin毎にsexyfont.txtを用いて表示状態を変更できますので、ここでの設定が常に有効となる物ではありません。

Control Panel - 表示
「表示」タグを選択し、設定を行います。
グループ 項目名 設定内容
スクロール 有効 SexyFont Plug-In 3.1Jからはこの項目は使用されません。
WinAMPでの設定を使用します。(項目4を参照)
スクロールタイプ 曲タイトルの横幅が表示領域に収まらない場合のスクロール方式を選択します。
方式 効果
Winamp 1.x WinAMP 1.xと同様に、左右にスクロールしながら表示します
Winamp 2.x WinAMP 2.xと同様に、表示が右方向から左方向へ流れます。
左へ消えた文字は再度右端から表示されます。
間隔 指定した時間間隔とピクセル数でスクロールを行います。
Doubleで加速 ダブルサイズ表示の場合にスクロール速度を加速します。
RIFF MP3 Summery Information Field サポート 有効 (RIFF形式のMP3データは使用した事が無いので判りません。)
表示項目
追加のID3 Genre Tagを使う (ID3タグは使用した事が無いので判りません。)
Skin変更検出ディレイ Skinの変更を検出する為の待ち時間を指定します。
この値が小さいと、Skin変更時に正しく表示に反映されない場合があります。
zipped skinで変更が正しく反映されない場合には少し大きめの値を設定して見て下さい。

Control Panel - 一般設定
「一般設定」タグを選択し、設定を行います。
グループ 項目名 設定内容
基本動作 ダイアログのフォント設定を行わない WinAMP本体のリソースを直接書き換えてダイアログのフォントを変更しているような場合にはチェックします。
プラグインOFF SexyFont Plug-Inを無効化します。
他の競合するプラグインと切り替えて使用する場合に使用します。
Windows95互換モード 透過処理で不都合が発生する際に使用すると良くなるかも知れません。
Windows95や、WindowsNTにIE4をインストールしていない場合に使用すると良いのかも知れません。
終了時にサブクラス化を解除する WinAMP終了時に、異常終了したり、Windowsそのものがハングアップするなど、SexyFont Plug-Inと相性の悪いプラグインを使用する場合に、この項目をチェックすると改善される場合があります。

「プレイコントロール」は使用した事がありませんので、説明を割愛致します。

4.WinAMPの設定

WinAMPのシステムメニューから[Options]-[Preferences...]を選択するか、[Ctrl]+[P]を押すと、以下の画面が表示されます。
表示されているタグが異なっている場合には「Options」タグを選択します。

Preferences - Options
「Options」タグを選択し、以下の設定を行います。
済みません、まだ出来上がっていません。


最後に曲タイトルのスクロールの設定を行います。
WinAMPのタイトル部分で右クリックを行いポップアップウィンドウを表示させます。
WinAMP - popup
「Autoscroll Songname」を選択し、チェックします。

5.最後に

以上で設定は終わりです。
ダイログフォントまたはプレファレンスの設定を変更した場合には、忘れずにWinAMPを再起動して下さい。
おつかれさまでした。
何か不明な点がありましたら、掲示板にお書き下さい。

[戻る] [三途の川プロジェクト ]
三途の川プロジェクト

Last Update Date: Nov.6th,1998


大場 良一 <roba@venus.dti.ne.jp>
All Rights Reserved,Copyright©1998,RoBa.