質問・ご意見に対する見解
〜実はただの言い訳〜

いくつか、質問やご意見を頂いておりますので、それらに対する見解を用意しました。
この見解は、コロコロ変わる可能性がたぶんにありますので、あらかじめご了承下さい。

将来的にシェアウェアにするんですか?
しません。
したがって、サポート義務もメインテナンス義務も発生しませんし、ある日突然ライブラリから抹消しエンハンスを打ち切る事もあり得ます。
対価を頂くと言う事は、契約に則ってそれなりの義務と責任とを負うことを意味します。
私は対価を頂かない代わりに、その義務も負いません。
それに、こんな利用者が限られているソフトをシェアウェアにしても儲かりません。(笑)
シェアウェアにするなら、もっと汎用的な物に仕上げてフリーソフト(企業系販促用を除く)には無い機能を盛り込んだものにします。
とは言え、使用期間に制限を設け、使用許諾に同意させるあたりは誤解されても仕方ないのかも知れません。
あれは最新の評価版で評価して貰いたいのと、どの程度のマーケットなのかを知るためです。
どうかご理解下さい。
※利用者が存在すると言う事実と利用者からの意見は、お腹はふくれませんが開発の励みとなります。
※私自身が現在のSkin天国の機能に妥協できない間は、開発は継続して行うつもりですが、Skin作成が出来るすごいソフトが現れたら止めるかもしれません。(笑)

タイトルをもう少し細かく作れるとうれしいです。
タイトル作成についての問題は私自身も認識しています。
もう少し細かく設定できると良いとは思っているのですが、極力Skin画像のサイズに従うと言うコンセプトの元に作成している関係であのようになっています。
時期的な約束はできませんが、この点については改善するようにします。

解像度依存にしない方がいいなぁ・・・
Skin天国はSkin専用と言うことで、サイズ固定にしています。
私がYAMPやUnrelaPlayerにハマれば何かしら対応するかも知れませんが今のところハマる気配はありません。 :-P
サイズを可変にすると、ユーザーインターフェースそのものを1から作り直す事になりますので、現時点では予定はありません。 :-)
あしからずご了承下さい。

経過時間表示の透過はどうやるんでしょうかね・・
Skin天国標準の数字画像を使用するなら、背景(多)の色が透過表示されます。
自作画像の場合は、ピクセル位置 X:10 Y:1 にある色を透過にするようです。
Windows95では背景(少)に相当する色も透過表示されるらしいのですが、私の使用しているWindowsNT環境では透過対象外でした。
(本ピクセル位置は、YunaSoft SexyFont Plug-In v1.5J-DR13 に基づいてチェック致しました。
  今後の仕様変更によっては使用するピクセル位置が変更になる場合があります。)

これって使い勝手とかいいですか?
ポッ。*^_^*
難しい質問です。(笑)
使い勝手が悪いところがあれば改善しますので、感想を送ってください。

RGB各プレーン毎の合成率の変更をサポートして欲しい。
0.0.1.3βにてサポート致しました。

スペアナ,オシロの色も変更したい。
0.0.1.2βにてサポート致しました。

sexyfont.iniの編集機能が欲しい
0.0.1.3βにて一部サポート致しました。

背景マスクもグレー画像にして欲しかった。
背景は透けるか透けないかなのどちらか(半透明にはならない)なので、グレースケールにする意味がありません。
グレイスケールをディザでモノクロ2値に変換するのは面倒なのでパス。
半透明もどきを作成するのであれば、白黒を1ピクセルおきに配置したパターンで塗るのが効果的です。
小さな面積ならこれで大丈夫ですが、広くなるとWinAMPが死亡します。
ちなみに、全面をこのパターンで塗りつぶすと、region.txtは約450kBになり、Skinを選択した時点でWinAMPは即死します。
NullSoftに要求を出したら聞いてくれるかなぁ。私まだレジストしてないんだけど。(笑)

制御ボタンの選択で、毎回確認ダイアログが表示されるのは邪魔なので、転送ボタンを付けて欲しい。
0.0.1.2βにてサポート致しました。

まさかここでも「頑張って」が禁句じゃないですよね
ええ、問題ありません。
でも、1ページに10000回くらい書かれたフォームを送りつけられたらやっぱりイヤです。(笑)

早く1.0だしてくださ−い
それは、言わないやくそく…

[戻る] [三途の川プロジェクト ]
三途の川プロジェクト

Last Update Date: Aug.7th,1998


大場 良一 <roba@venus.dti.ne.jp>
All Rights Reserved,Copyright©1998,RoBa.