皆様から届いた質問、苦情等の返事をQ and Aにしてみました。

Q、表示しないのですが。
印刷以前に画面表示しない場合、いくつか原因が考えられます。まず、データが正常に届かない送信エラーが考えられます。つまり送信時に途中のデータが転送されない、または途切れる、ノイズが混入する可能性もあります。インターネットでの送受信はバケツリレーみたいな方式なのでバケツが全部揃わないとブラウザーが元のデータに復活できなくなります。元サーバーにも中継サーバーにも処理には限度があります。その様な場合、時間帯をかえてダウンロードしてみてください。
データは正常に届いている、つまりXXX.pdf形式でダウンロードされてても画面表示しない場合はアドビリーダー(旧アクロバットリーダー)が壊れています。再インストールしてください。(ペラモデルは会員制です。会員用パスワードが無いとサンプル以外は表示しません。パスワードが無くてもダウンロード自体は可能です。)
Q、印刷すると点線、鎖線が実線になってしまうのですが。
アドビリーダーをインストールすると直ります。旧アクロバットリーダー3.0でドラフトモードで印刷すると相性でそのように詳細を省いてしまうプリンタドライバーもあります。その場合”きれい”高画質モード”で印刷する。プロパティの設定を高画質の方に変えてみる。ことで解決します。(たとえばエプソン系の場合、印刷設定→プリンタのプロパティ→基本設定→モード設定→推奨設定”きれい”を選択してください。”速い”を選択すると点線、鎖線が実線になります。具体的な設定図 情報は会員の河西@EPSON様からいただきました。)
Q、PDFファイルを開くと「Cs6という名前のカラースペースが見つかりません」のエラーが表示されます。
上記同様にアドビリーダーをインストールしてください。
Q、デスクトップにデータをドラッグしました。そこから印刷はできるのですがそれをFD等に保存すると印刷できません。どうしてでしょうか?
デスクトップにドラッグして作成されたデータ(アイコン)はショートカットという中身の無い、実データの場所を示すだけのデータの可能性があります。実データは使用しているブラウザーのキャッシュ(一時保存の場所)に保存されています。基本的にはそれを選べば印刷できます。
オフフライン(インターネントに接続していない状態)で利用するにはオンライン(インターネットに接続した状態)でデータを保存しなければなりません。保存するにはオンライン状態で作品名の所をマウスの右ボタンでクリックすれば保存するためのプルダウンメニューが出ます。
Macintoshワンボタンマウスの場合は名前部分をプレス(マウスボタン押しっぱなし)すると保存するためのプルダウンメニューが出ます。”リンクをディスクにダウンロード”を選んでください。保存場所を選ぶとそこに(そのディレクトリーに)データが保存されます。
単に名前部分をクリックすればブラウザーのウインドウ内、またはアクロバット内に型紙が表示されます。そこでメニューバーにあるフロッピーディスクアイコンをクリックすればデータを任意の場所に保存できます。保存されればオフラインでいつでも利用出来ます。
Q、自動表示しません。/ Macintosh OSXの場合。
ブラウザーのPDF閲覧用ヘルパーアプリケーションの指定がPreviewになっている。またはPDFファイルの優先アプリケーションがPreviewになっていると自動表示しない場合もあります。OSX初期設定ではPDFファイルをダブルクリックするとPreviewが立ち上がります。つまりPreviewがpdfファイルの優先アプリケーションなのです。PDFファイルの優先アプリケーションをアドビリーダーにするためにアドビリーダーからPDFファイルを一度開いてください。または、あらかじめアドビリーダーを立ち上げてからブラウザー操作、ダウンロード等を行ってください。

*上記が最も多いタイプの質問です。これらの質問はブラウザー、アドビリーダー(旧アクロバットリーダー)プリンター、OSに関する質問です。質問に対してできるだけの解決方を自分なりに提示してますが、最善策はメーカー(とくにプリンタードライバーについては)に聞いた方が確実、適正かもしれません。次に多い質問は”ペラモデル”に関することです。
Q、文化祭などのイベントで使わせてほしいのですが?
お使いいただけます。ペラモデルをプリントアウトするのに枚数制限は設けていません。何枚プリントアウトしてもかまいません。プリントアウトした物をカラーコピーしてもかまいません。またそれを不特定多数の方に配付するのも自由です。授業、講演、文化祭、イベントの商用、非商用にかかわらずご利用いただけます。パンフレットやチラシの裏などにプリントして配付することも可能です。つまりペラモデルは印刷物として自由な公開を許可しています。(不特定多数の方に配付することを許可していますが著作権を放棄しているわけではありません。ですから紙面からhttp://www.venus.dti.ne.jp/~kpdと(C)KawaguchiKeijiの記載を削除しないでください。ペラモデル会員になることでコピーライト、つまり複製する権利を当方から得ることが出来るのです。)
作品をそのままデジタルデータとして公開、型紙の二次利用はしないでください。またパスワードを家族(ひとつ屋根の下に住んでいる親子夫婦兄弟姉妹の集まり)以外への公開もご遠慮ください。その点は会員の義務としてお守りいただける様お願いいたします。
Q、ペーパークラフトに適した紙はいったいどんな用紙がいいのでしょうか?
ペラモデルが想定している紙は”普通に使う紙”です。一般に文字出しに使う普通の紙を基準に設計しています。ですからあなたが今お使いになっている普通の紙が適しています。インクジェット用紙なら、いわゆるファイン用紙とか、上質普通紙です。光沢紙は糊がはみ出ると光沢がなくなります。きれいに仕上げるのは結構難しいのでお勧めしません(チェロ 三春駒 会津赤べこは光沢紙で作成しました。)用紙の種類で”ペーパークラフト専用紙”というのがあるのですがペラモデルには厚すぎて作りずらいです。もっとシンプルなクラフトならいいのかもしれませんがペラモデルはわりと細かい作業になるので向かないです。ペラモデルは曲げを基本にしたモノコック構造なので薄い紙でも意外に頑丈に仕上がります。つまりコピー用紙とか、それよりちょっと厚めの紙が作りやすいと思います。私個人はファイン用紙で作業しています。発色はやや悪いのですが薄いので作りやすいです、それに安いですし!あまりこだわらずに個人個人いろいろな紙を使って楽しんでいただければそれでいいと思っています。
ついでに接着剤について記述します。接着剤は木工ボンド(酢酸ビニル樹脂エマルジョン系接着剤)がベストです。木工ボンドにはノーマルタイプと速乾タイプがあるのですが紙の接着にはどちらを使っても大差ありません。また澱粉糊系の接着剤は乾燥に時間がかかりすぎてだめです。紙用瞬間接着剤は乾燥が早すぎてちょっとした張り直しが出来ないので大変使いにくいです。ですから普通に使われている木工ボンドが一番使いやすいと思います。
Q、どうやって設計しているのですか?
考え方の基本は「みかんの皮むき」です。みかんの皮をむいた時、平面に広げるとどんな形になるか。りんごを包丁でむいたときどんな形になるか。バナナの皮はどんな形になるか。そのあたりまではなんとなく想像できると思います。それじゃひょうたん型や不定型な物を平面にするとどうなるでしょう?簡単には想像することができないかもしれません。そんな時は洋服の型紙やぬいぐるみの型紙を詳しく観察してみましょう。平面から形を作り出す大変良い手本になります。そんなことばっかり考えていると形から大体の展開図が想像できる様になります。形がら大体の展開図がイメージ出来たら次は展開図のバリエーションを殖やしていきます。つまり切り開くところをいろいろ変えて想像します。実際にはゴム手袋などにはさみを入れて平面に広げてみるとわかります。いろいろな切り方で平面化することが体験できます。形のイメージからベストの展開図がイメージできる様になったらあとは実際に作図して組み立ててみます。組み立ててみるとボリューム感、バランスの違いが出ます。それらを丹念に手直していけば完成です。
ペラモデル作成上、私が留意している点はいくつかあります。
・一枚で一作品、部品は出来るだけ少なくして説明が無くとも完成までこぎつける様にする。
・普通の人が一時間程度で完成する程度のボリューム。短時間で達成感のある作品にする。
・単純すぎる設計は避け”なるほど!”と思わせるだけの構造をもたせる。
・完成後も飾ってもらえる様に美しい造形にする。
・教育的効果を考慮する。作品に段階的学習要素を取り入れる。
・形状構築するのに最も少ない手数で完結させる。
・粗製乱造はしない。一作品づつ固有の構造、造形を持たせる。
・技術のものまねはしない。オリジナルかつ自己最高の技術を常に模索する。
などを考えながら作成してます。いちばん大切なことは”満足できる作品”を提供することだと思ってます。
Q、どうすればペラモデル作家になれますか?
個人的にとってもうれしいです。趣味として作品作りをするのはあなたの自由です。自分の作品を”ペラモデルだ”と主張するのももちろん自由です。自称クラフト作家になるには”言いはる”だけでなれます。
自他、供に認めるプロの作家になりたいのでしょうか?でもそれはたぶん私には難しい相談です。ペーパークラフトを生業としている人は世界的にも少ないと思います。日本では”雑誌付録の作家、撮影用作品の作家”が存在しますがそれが生業の人は数人ではないでしょうか。職業としての社会的認知は低いです。ましてペラモデルの認知度は皆無でしょう。あなたが学生で真面目にクラフト作家をめざすのでしたら、進路の選択枝としてはデザイン系の学科が適切だと思います。(私は建築を専攻しました。)いずれにしても、学問が役立つ保証はありません。結局は自力で個性を演出しなくてはいけないと思います。期待してます。
Q、くもんのペーパークラフトの様な大作を作ってください。
Q、トトロ、ねこバスが大好きです。ぜひ作ってください。
(質問ではないのですが、そういうリクエストメールもよくいただきます。)ペラモデルは最短時間で最大達成感のある作品を目指しています。例えれば”俳句的瞬間芸”を楽しんでいただくことに重点を置いています。完成まで一週間くらいかかるような大作とは対局の作品だと思っています。(それはそれですばらしいのですが私には出来ません。)また著作権が存在するキャラクター物の作成はできません。ご理解ください。

*笑えるクレイム(失礼)もあります。
プリンターが壊れた。
それは”やりすぎ”です。思うに最近のインクジェットプリンターは”きゃしゃ”な感じがします。昔(と言っても10年くらい昔)のプリンターはごつくてでかくて重かった。しっかりした作りでした。私が初めて買ったカラープリンターはアップルの”イメージライター2”とか言うやつです。なにが大きいといっても音が大きかった。なにしろドットマトリックス方式でしたから。見た目にはしっかりしてましたがやはりすぐ壊れました。しかしプリンターが壊れるくらい序の口です。PCを壊したツワモノもいらっしゃいます(合掌)。
家中、ペラモデルだらけ。
おめでとうございます。いいじゃないですか。完成したペラモデルはたたんで収納できないので場所をとります。自分で作ると愛着があるので捨てられない。お子様が作ったのは、まして捨てられないでしょう。納得するまで作るので同じモデルが増える。暇だとつい作ってしまう。などの理由でペラモデルは増殖します。はじめは机の上がいっぱいになります。そのうち部屋、玄関にかざったりしますが、やがて家中に繁殖します。とってもいいことです。時間が経って色褪せたのもけっこう味わい深いです。


上記は会員の皆様からの多くの御指導、御意見も参考にさせていただきました。ありがとうございます。