翻訳 井上雅夫 1998.05.03   ↑UP 

合 衆 国 憲 法

第1編    第8節


 議会は、・・・・・・・・・・・・・、
 著作者および発明者に、それぞれの著作および発明[訳1]<writings and discoveries>に、排他的な権利を一定期間保証することによって、自然科学と益のある人文科学[訳2]<science and useful arts>の発展を促進する権限を有し 、[訳3]
 ・・・・・・・・・。

(訳1)通常は、「discoveries」は「発見」と翻訳されるが、発見した自然法則には誰も排他的権利を主張することはできず、発見に基づいてなされた発明が特許で保護されるので、「発明」と訳した。

(訳2)日本語の「アート」は芸術のみを意味するが、英語では「芸術」「美術」の他に「技術、技芸、こつ」をも意味し、複数形では「学芸、学術、教養学科、人文科学、語学、文学、哲学、歴史、理論科学」を意味している。ここでは、「science」と対比して、人文科学と訳したが、自信はない。

(訳3)アメリカでは、合衆国が権限を有するのは合衆国憲法に規定されていることだけであり、それ以外の権限は各州に属する。合衆国憲法の上記の規定により、合衆国議会が著作権法および特許法を制定し、これらについての訴訟は合衆国裁判所が管轄する。


トップページhttp://www.venus.dti.ne.jp/~inoue-m/ 独禁法 プログラムの著作権 特許権 利用条件 参考文献  

since 1998.06.18