WELCOME !
遊ぼ!NETWORK
by HARUSAMEYA since 1997

JAZZのページです。
葉っぱのマークが「遊ぼ!NET」で
その他は外部リンクです。
Have a nice weekend
This page is Link Free.Sorry Japanese Only.
Copyright.(C).1997.Aizawa

JAZZ.FM91
 

カナダのJAZZ専門FM局ですね、インターネットラジオで自宅がJAZZ喫茶に変身!スマホ版もかなり使えます。「LISTEN LIVE」と「WEB RADIO」が選べますが、「WEB・・」の方には常時オスカー・ピーターソンのコーナーがあります。

長いことお世話になった「JAZZ RADIO」が殆ど「使えないヤツ」になっちゃったんで、こちらに鞍替えしましたが、なかなか良いテイストの構成で、満足です。

音楽はもっぱらJAZZ! もう長いコト聴いてますけど、JAZZって飽きないw

JAZZ これイイじゃん?
気に入ったPlayを紹介します。

 JAZZ喫茶どんどん減ってるなぁ(涙)、

 KENWOODのウェブJAZZ喫茶、豊富な曲の情報あります。

 JAZZってイイと思いませんか? 曲や演奏の評価なんて評論家さんに任せておけば良い話で、自分が「イイなぁ」「凄いなぁ」って思ったヤツがイイ訳です。 そういうのに出会ったらメモでも取っておいて、思い出した時にYoutuveかなんかで、検索して聞いてみるとイイです。 JAZZの本で読んでも耳に入ってこないですもんね。JAZZ.FM91ってカナダのFM局のようですが、一日中JAZZが流れています。落ち着いた選曲なのでBGMに良いです。 大きい音で身を包みたくなったらホントはJAZZ喫茶がイイんですけど、少なくなっちゃったですねぇ、、、

入門にお勧めの3枚! 下のジャケットをクリックで、Youtubeで聴けます。(最初にCM入っちゃうかも、、悲し)
天才ジョン・コルトレーンのベスト・プレイ 「Ballad」
ソニー・クラークの意外と日本でウケた、 「Cool Struttin」
私の一番好きなアルバム! スタン・ゲッツ 「Stan Gets Plays

 昔、「ジャケット買い」ってありましたね。 LPのジャケットが気に入ったら中身も気に入る筈、っていう説があって。 JAZZのLPのジャケットってクールで格好良いのが多かったです。 この3枚はいわゆる名盤と言われているものですが、やっぱりジャケット格好良いですね。 この3枚は特にJAZZ好きでなくても、どっかで聴いたことあるはず、だと思いますよ。 (真ん中のSony Clarkは 私、当時完璧にジャケット買いでした)

 

Stan Getz (スタン・ゲッツ)とクスリ2016/10

 一番好きなアルバムは、「Stan Getz Plays」。 彼は、薬のやり過ぎで死んじゃったらしいんだけど、、このアルバムを聴いていて、「何で薬なんかに走ったんだろう、、」ってのが分らない(分る訳もないけど)。 、、、、例えばジャニス・ジョプリン。彼女の「PEARL」っていう最後のアルバムも大好きなんだけど、彼女も薬で死んでしまった。ジャニスのアルバムは(失礼な言い方だけど)薬の匂いはしていてスリリングな聴き方もできる。 でも、スタン・ゲッツのアルバムからは日常の平和な音しか聞こえてこない。 彼の薬の原因が音楽ではなかったということなのかな、、

 何にしても薬は怖いね、ちょっとイロイロ弱った時に手を出して、抜けられなくなるんだろうな、そんな弱さは誰でも持っていると思う。決して意思の強さや弱さの話じゃないと思う。 弱った時に話せる相手がいないとか、自分で抱え込むタイプとか、自分で解決しようと思えば薬に手を出すのも分らないではない。 それが止められなくなる怖さと、そこにつけ込む悪にはまると死んじゃうんだと思う、、、コワイなぁ。

 スタン・ゲッツは、こんな優しい音を出せる人が死んでしまうほど、クスリは怖いということを私に教えてくれた人でもあります。 自分を必要としている人がいて、評価してくれている人がいるなら、まだ死んではだめ、、だよネ。

池袋「OWL」行って来ました。2015/12

 池袋の東急ハンズ(サンシャイン60の入り口ね)の裏の道にあるJAZZ喫茶「OWL」に行って来ました。 こじんまりとしたお店ですが、デン!と大きなJBLが鳴ってます。 インテリアや小物も雑然と味のあるものが並んでいて、自分の部屋のような感じになれるトコでした。 珍しいバイオリンのJAZZをかけてくれましたが、結構イケますね、バイオリンも、、と発見。 ちょくちょく寄りたくなりそうです。 関係ないけど、我が家ではOWL(ふくろう)のちっちゃい置物を集めて、玄関に並べてます。

あ、これ、、、2015/9/16

 今年の6月にアメリカ南部の田舎町に出張してきました。 そこのホテル(ヒルトン系でこじんまりしたイイ感じのホテルでした)では、ロビーとレストランに常時OLD JAZZが流れていて「やっぱりアメリカ好きになっちゃいそう、、」って思ってたら、初日の夕飯のときにAnita O'dayが流れてきて、「お、」っと思ったら、私が持っているアルバムでお気に入りのヤツがそのまま流れていて、、、そうなると次の曲も分る訳で、、非常にリラックスして、知らないうちに首をタテに揺らしたりしながら食事ができました。何か妙に嬉しかったこの夏の思い出でした。

 そんなのもJAZZの楽しみですね、ちなみに翌日アメリカの仕事相手にこの話したら、「Anita O'dayは知らない、、」という答えでした、、日本で言えば昔の紅白歌手くらいだと思うんだけど、、残念(越路吹雪あたりのポジションかな、自分的には、w)

 

昔の曲を、そのままの音源で、、2015/9/16

 JAZZが好きになる前って、何聞いてたかなぁ、、ってYoutubeで探してたら、出るわ出るわ懐かしい曲が^^中学高校の頃がフラッシュバックしてきます。

 メラニー(多分今の若者は知らないだろうなぁ)の「悲しみの足音」「傷ついた小鳥」、ジャニス・イアンの「17歳の頃」、(これは、最近CMのバックに使われてたんで、聞いたことあるかも。、、でも、CMでは良く吉永小百合の画面にこの曲を合わせたなぁ、、と関心したもんです。クリエイターに拍手送りたいです。)あと、キャロル・キングも時々CMのバックに使われますね、1970年代前半の曲だと思うんだけど、、

 サイモン&ガーファンクル、CSN&Y(クロスビー・スティルス・ナッシュ・&ヤング)なんか見つけたときには酒(涙ではなくてw)が止まらなかったです。

 自分が若かった頃は洋楽がちょっとしたブームで、いろんなジャンルの洋楽が深夜放送なんかで洪水のように紹介されていました。

 ステッペン・ウルフ(イージーライダー)とかBJトーマス(明日に向かって撃て)とか、映画で使われた曲もハッキリ覚えてる。 これって、「歳をとったんだなぁ、、」ということなのかも、、、でもイイじゃない! 前奏から伴奏、エンディングまで、どんな楽器がどう入って来るかなんて、みんな頭に入ってる!そんな曲をそのままの音源で聴けるなんて、NETの力はすごいねぇ。

 あなたも、ン10年前を思い出して検索してみてはどうですか?、、休みの前の夜に限りますけどね^^; 絶対次の日寝不足になりますよ。

 

You'd be so nice to come home to 聞き比べ2015/7/6

 JAZZの楽しみに「聞き比べ」がありますね。

 皆さんどっかで聞いたことはあると思うんですが、 「You'd be so nice to come home to」って歌がありますね。 かなりポピュラーなスタンダードなので、イロんな人が唄ってます。 是非これをYou Tubeで探して色んな人の唄を聞き比べしてみてください。 「イイなぁ、、、」って思うヤツと、「何だこりゃ」って思うのがはっきり分ると思います。 

 上手い、味がある、って思ったり、最後まで聞くに堪えないのやら、イロイロありますよ。私の一番押しはAnita O'day(もちろんオリジナルの Helen Merrill は良いけどね)という女性ヴォーカルなんですけど、エラ・フィッツジェラルドとか、ビッグネームの方はやっぱりそれなりに「イイ!」ですね。 英語圏の方でもチョット残念、、、な方や、、同じ曲を聞き比べると本当に「イイ!(好きな)」のが判りますよ。 そしたら、その人の別のアルバムでも聴いてみましょう。 きっと全曲楽しませてくれるはずです。それでJAZZの好きな女性Vocal見つけたら、何年も楽しめますよ。

 You Tubeでは Helen Merrill が日本に来たときに日野テルと増尾好明がコラボしてるのが有ったりして、、、これ見つけた時は嬉しかったです。  これを聴いたとき、八代亜紀もイケルんじゃないかと思ったんですけど、彼女も結構JAZZ歌ってるんですね。 でもやっぱり日本人だったら越智順子さんとか中本マリさんが良いかなぁ (彼女が待つ家に帰りたくなる、、w)。

 この曲聴くときは「この人の待つ家に帰りたいかなぁ、?」って思いながら聴いてますね、、、、、JAZZのスタンダードは、同じ曲でもプレイヤーやヴォーカルによって、全く違う作品になってるのが不思議ですね。 是非お試しを。

神保町「BIGBOY」行ってきました2014/10

 久々にJAZZ喫茶に行きました。 神保町のA7出口近く、かの有名な喫茶店「さぼうる」の並び、曲がり角のところにある「BIGBOY」です。JBLスピーカーでで大きい音出して、イイ感じでした。 家で聞いているアルバムをここで聞いてみたいなぁ、って思いますね。

 広くはない店ですけど居心地の良い空間です。 マスターと奥さん優しいんです!。 入った時そこそこお客さんが居たのでカウンターの端に座っていたんですが、お客さんが引いたら「お好きな位置にどうぞ、」って、一番良い席に替えてくれました。

 家の近くに欲しい店だなぁ。 ン十年前の学生に戻った感じで、ついウトウト寝そうになってしまいました。 JAZZが体を包んでくれるっていう久々の感触は、気持ちよかったです。

 おしゃべりもOKで、入りにくさは無い店ですよ。 JAZZ好きの方は近くに行ったら寄ってみることをお勧めです!(最低でも1時間は居たいですけどね。)

 「一生懸命働いているオーディオ機器のために禁煙お願いします。」というルールでした。灰皿はあるので店の外の敷地内なら喫煙OKですって、(禁煙の理由も妙に納得、、タバコ吸う気にはならなかったですけどねw)

JBLが聴ける店というWebサイトでも紹介されていました。 またゆっくり行きたいなぁ、